クロエベール

クロエベールとルプルプってどっちがおすすめ?

「クロエベール」と「ルプルプ」どっちがおすすめなの?

どちらも簡単に髪へのダメージを少なく抑えてキレイに白髪を染めることが出来るトリートメントタイプです。

でも、私のおすすめは断然「クロエベール」です!どうして私がクロエベールをおすすめするのか?その理由について見ていきましょう!

 

私がクロエベールをおすすめする理由とは?

自宅で自分で白髪を染める時に一番大切なことって何でしょう?

白髪がしっかり染まるというのは当然ですが、しっかりとトリートメント効果が期待できるという点です。

どんなに良い成分が配合されていたとしても、白髪にきちんとトリートメント成分を浸透させることができなければ
効果を期待できません。

クロエベールの良いところは泡タイプという点です。ルプルプは、クリームタイプです。

ルプルプは、かなり気をつけながら髪に馴染ませていかないと塗り残しができやすいです。その点、クロエベールは泡タイプですので、誰にでも簡単に髪の毛全体に馴染ませることができるのです。

 

クロエベールのトリートメント効果もすばらしい!

クロエベールは白髪染め効果だけではありません。トリートメント効果によりダメージケアできるのが嬉しいポイントです。

そのため、白髪はしっかりと染めたいけど、髪が傷むのがが気になるという方にぜひおすすめしたいです。

ルプルプにも美容成分が5種類配合されているのですが、クロエベールは8種類の海藻エキスやツバキなどの美しい髪を目指せる美容成分が20種類以上も入っています。

そのため、ルプルプよりも高いトリートメント効果を期待できます。

また、クロエベールの新技術「ヘアケアキューブ」もなかなか良い技術です。髪に負担をかけずに髪の内部へ届けるける浸透技術により、キューティクルに負担をかけずに成分を届けることもできます。

プラチナナノコロイドを加水分解シルクでコーティングした、「エルテナ」も配合されています。これにより、白髪染めだけではなくツヤツヤで美しい髪へ導いて欲しい方におすすめです!

さらに、ヒアルロン酸の10倍の保水力をもつ天然成分「サクラン」も配合されていますので、パサつきが気になる方にもおすすめです。

使用頻度が多くても髪を傷めないため、色落ちする前に使用することで常に白髪がない状態を保つことができます。そのため、生え際白髪も目立たないというメリットがあるのです。

 

クロエベールはお風呂を汚さない?

クロエベールはお風呂で流すのでお風呂が汚れないか心配という声もあります。
ですが、クロエベールはお湯で流すだけでさっと流れますのでお風呂についても大丈夫ですし、おでこや頭皮についても大丈夫です!

また、定期便は1回でも使用できますので、継続しばりがないかという心配もありません。

もし、使用頻度が低い場合は、お届け周期を変更することもできますので自分の使用頻度に合わせて使用することができます。

また、定期便の休止や中止を電話だけじゃなく、問い合わせフォームからできるのもいいですよね?

>>クロエベールの口コミと評判

 

クロエベールの口コミでの評判は?乾いた髪に使えるから私は好き♪

クロエベールの口コミでの評判ってどうなのでしょう?

私は乾いた髪に使えるかなり好きです♪

私自身のクロエベールの良いところ悪いところのまとめと、私以外の人がどう思っているのか口コミでの評判もチェックしてみましょう!

 

話題の泡で染める白髪染め!

今なら特別価格で購入できる

 

私が思うクロエベールの良いところ悪いところ!

私は、個々最近はクロエベールしか使っていませんので、かなり愛用していることをわかって頂けると思います。

そんな私が思うクロエベールの良いところと悪いところについてご紹介します。

 

クロエベールの悪いところ

実はクロエベールには、それほど悪いと感じるところはないのですが、あえて言うのであれば、1回目の染まり具合が少し弱いかなというところです。

トリートメントタイプの白髪染めの特徴として、2回3回と使うことによりしっかり白髪を染めていきます。

ただ、他のトリートメントタイプの白髪染め(例えば、マイナチュレカラートリートメント)と比べるとクロエベールの1回目の染まり具合が弱いかなと感じます。

2回目染めるとほぼ色が入るのでそんなに気にしていません。悪いと感じるところと言えばそんなところです。

 

クロエベールの良いところ

クロエベールの良いところはたくさんあるのですが、ここでは3つに絞りますね。

  • クロエベールはお部屋で使える
  • クロエベールは乾いた髪に使える
  • クロエベールは泡タイプだから簡単に髪に馴染む

 

クロエベールはお部屋で使える

これは私が一番良いと感じる点なのですが、クロエベールはお部屋で使うことができます。

トリートメントタイプの白髪染めの多くは、シャンプーした後にトリートメントを使う要領で使用する場合がほとんどです。

そうすると、冬場は寒いお風呂場で白髪染めしなくてはいけません。髪全体にムラがないように馴染ませる必要があるのですが
寒くてじっくり染めることができないんです。その結果、染め上がりにムラができてしまう場合があります。

クロエベールの場合、暖かいお部屋でじっくりと白髪染めすることができますので、染めムラの心配もありません。

そもそも、クロエベールは泡タイプの白髪染めなので髪全体に馴染ませるのも簡単です。

また、クロエベールは液だれしないという特徴がありますのでお部屋で使っても床などにたれてしまう心配もありません。もし、クロエベールがたれてしまったとしても、ティッシュ等でさっと拭き取れば床が汚れる心配もありません。

 

クロエベールは乾いた髪に使える

クロエベールは乾いた髪に使うことができるというメリットがあります。
『これのどこがメリット??』
っと思われた方がもいると思います。

実は濡れた髪というのは、ダメージに弱い状態にあります。

通常の乾いた状態では、髪の毛はキューティクルでダメージを防いでくれるのですが、キューティクルは水に濡れる開いてしまいます。キューティクルが開いた状態で白髪染めを使用すると、髪へのダメージが大きくなってしまいます。

そのため、クロエベールの乾いた髪に使えるというのは、髪の毛のダメージに対して大きなメリットとなります。

 

クロエベールは泡タイプだから簡単に髪に馴染む

クロエベールは泡タイプの白髪染めのため、クリーム状の白髪染めと比べると髪に馴染ませるのが簡単です。

クリームタイプの白髪染めの場合、かなり気をつけてムラがないように髪に馴染ませても、髪の奥の方にある髪の毛がキレイに染まらないことがあります。

クロエベールの場合は、シューッと泡を出してクシで溶かすだけでほぼ染めムラはないので、すごく簡単に白髪染めすることができます。

生え際白髪も簡単にしっかり染めることができます!

 

クロエベールの口コミを見てみよう!

では、クロエベールを使っている私以外の人の口コミを見てみましょう!

Amazonで検索してみたところ、クロエベールは取り扱っていないようです。

楽天市場も同様にクロエベールの取り扱いはないようです。

クロエベールをAmazonと楽天市場で検索してみた結果、取り扱いがないようなので当然口コミもありません。

@コスメはどうかな~と確認してみるとこちらもまだ口コミはありません。

クロエベールの販売メーカーのマイケアさんは、大々的に広告するようなメーカーではないようですね。

実は@コスメで口コミが多い商品って、実際に使っている人が多い人気商品もあるのですが、メーカーさんが無料で商品を配って口コミを書いてもらうというケースも多いみたいです。

マイケアさんの場合は、無料で商品を配るようなことはせず、Amazonや楽天市場で販売するようなこともせず、自社のホームページからのみの販売をしています。

こういうこともあって口コミが少ないんでしょうね?今後、爆発的な人気商品となったら口コミも爆発的に増えてくるとは思います。

なので私の使用した経験を見たり、他のブログで実際に使っている人の口コミを見たりして、クロエベールがどんな商品か判断して下さい。
->クロエベールの口コミ

クロエベールは良さそうだな~っと思ったら、実際に購入して試してみて下さい。結局は実際に試してみないと、自分に合うか合わないかは判断はできないです。

 

クロエベールの使い方をチェック!

クロエベールは、肌に優しい泡タイプの白髪染めで、乾いた髪に使用できます。先ほどお話しした通り、私が一番気に入っている点です。

液垂れのしないふんわりとした泡の形をしているので、ムラなく染めることができ、根元まで綺麗に行き渡ります。

まず、クロエベールは乾いた髪に使用します。乾いた髪にクロエベールを馴染ませていきます。付属のビニール手袋をつけてそこにクロエベールの泡を出して少しずつ髪全体に馴染ませていきます。

でも最近私は横着してオリジナルの使い方をしています。

直接髪の毛にクロエベールをプシューって出してクシを使って全体に馴染ませていきます。たったこれだけでキレイに染まりますので、手袋をつける必要もありません。

髪全体にクロエベールを馴染ませたら、約10分間放置します。基本は10分間ですが、いつもよりしっかり染めたいという場合は30分ぐらい放置することもあります。

あとはクロエベールを洗い流して、いつも通りシャンプーするだけです。クロエベールには、トリートメント効果もありますので、他のトリートメントを使う必要もありません。

お風呂から出たら髪の毛を乾かして終了です。

注意点としては、いつも以上に髪をしっかり乾かすという点です。

髪が湿っていると色移りの原因になってしまいますので、いつもより気をつけてしっかり乾かすようにしましょう!

クロエベールは頭皮にかかる負担が少なく、うるおい成分がたっぷり含まれているので髪にも傷が付きにくく、安心して染めることができます。使えば使うほど髪がキレイになっていく感覚を実感して下さい!

また、初めてクロエベールを使う場合は、最初の3回は毎日使うことが推奨されています。この3回でしっかり白髪を染めることができれば、あとは1~3週間に1回の使用で十分効果を実感できます。

 

クロエベールは効率的に使えるから忙しいあなたにおすすめ!

このように、クロエベールは短時間で面倒な作業が済むので、効率的で簡単なことも大きなメリットです。

従来の白髪染めを使う場合は、お部屋が汚れないようにビニールシートや新聞紙を敷く必要があったり、洋服が汚れないようにケープをつける必要もあります。また、汚れたビニールシートやケープをしまっておくのも大変ですよね?

クロエベールを使えば、これらの準備にかかる余計な時間も節約できますし、白髪染めする時間も圧倒的に短くてすみます。

美容院で白髪染めすれば、これらの準備は不要になりますが、美容院での拘束時間やお金が結構かかってしまいます。

そのため、クロエベールを使って白髪染めすると

  • 時間の節約
  • お金の節約
  • スペースの節約

3つの節約効果がありますので、非常に効率的に白髪染めすることができるのです。

 

肝心のクロエベールの白髪染め効果ってどうなの?

では肝心のクロエベールの白髪染め効果について見ていきましょう!

「クロエベールの悪いところ」でも書きましたが、私が1回でしっかり染まるな~と感じる「マイナチュレカラートリートメント」と比べると、1回目の染まり具合が弱いかなと感じます。

ただ、2回目にはしっかり染まりますので、それほど問題とは思いません。基本的にクロエベールは最初の3回は連続で使用して、その後は1~3週間に1回ぐらいの使用で十分効果を実感できます。

また、美容院でしっかり白髪染めしたとしても、2週間もすると生え際白髪が目立ってきちゃうんですよね?せっかく高いお金と時間をかけてもこれではがっかりです。

クロエベールなら、1~3週間に1回使用しますので生え際白髪もしっかり染めてくれます。クロエベールは、髪に優しい成分でできていますので毎日使っても問題ありません。これで気になる生え際白髪もばっちりです!

 

クロエベールには危険な成分は入っていない?安全性は大丈夫?

白髪染めの成分と聞くと、「ジアミン」を想像するかもしれません。

従来の白髪染めには「ジアミン」は必要不可欠でした。体にとって良いとは言えない成分ですが、白髪染めには必須の成分ということでほとんどの白髪染めに配合されています。

ジアミンが明確に体に悪影響を与えるという結果も出ていないのですが、刺激が強い成分であることは間違いありません。敏感肌の方やアレルギーのある方は特に注意が必要な成分です。

一方でクロエベールには「ジアミン」や「酸化染料」「合成香料」など髪や頭皮への刺激が強い成分は一切配合されていません。やさしくキレイに染まることを第一に考えているのです。

また、従来の白髪染めはキューティクルを開いて、髪の中を染めるため髪への負担がかなりかかっていました。

クロエベールはキューティクルを開かない白髪染めです。むしろ開いてしまったキューティクルを補修したり、髪の毛をツヤツヤにしたりと髪を良い方向に導いてくれるのです。

ということで、クロエベールに入っている成分については、全く心配ありませんので、安心して使って下さい。

 

クロエベールを購入するならこちらがおすすめ!

「クロエベールの口コミを見てみよう!」のところでもお話しましたが、クロエベールは大手通販サイトのAmazonや楽天市場、Yahooショッピング等では販売していません。

クロエベールを購入できるのは、公式サイトのみです。

そのため、現時点ではクロエベールは公式サイトで購入する以外方法はありません。

今後、Amazonや楽天市場で取り扱わることもあるかもしれませんが、公式サイトではかなりお得な特典が付いていますので、その時でもやっぱり公式サイトがおすすめとなるかもしれませんね。

\クロエベールのお得な特典をチェックする/